現在のマーケッター(マーケター)は、ウェブサイトの作成が主体となっており、どのようなアクセスがあるサイト、コンテンツを作成をして、利益を出すのかという事を模索をしていきます。

なので、マーケティングの全ての大前提となるのが、「どのようなサイトであればアクセスが生まれるのか」という事を調査する目的としても、また、SEO的な観点からもかなり多くのサイトを立ち上げていきます。

サイトの見た目ではなく、どのようなコンテンツが入っていれば、アクセスが生まれるのか?またトラフフィックが増加をするのかという調査を含め、それだけでは時間が無駄になる可能性があるので、クッキー系と言われるアフィリであるamazon、楽天を多様をします。

どうせたくさんの商品・サービス自体も、それ自体が話題性があったりハマる事によってアクセスを生む事は特段珍しい事ではありません。

だから、楽天アフィリ、amazonアフィリを多様をしていくし、売れ筋ランキングのRSS自体も見て、上位30くらいまでの商品の記事は最低限書いてトラフィックを確認をしていきます。

このような調査を含めたサイトを大量に作っていくために、現代的なマーケッターというのは、かなり多くのサイトを作成をしていくという事が宿命です。

「コンテンツが重要な時代」と言われ大量のコンテンツを作る、量産的な無料ブログ作成、ワードプレス作成などは効果がなくなったと言わる時代ですがそれは全く持ってマーケティング、特にウェブマーケティングがなんたるかを分かっていない人々だけです。

そもそも何で人が反応をしているのか、どのような情報が欲しいのか、すなわちどのようなコンテンツ、サイトに対してアクセスが生まれるのかという事を知るために具体的に情報を出してみない限り何も分からないのです。

これを否定しているのは自称マーケッター、自称コンサル、だけです。

マーケティングを行う前段階の何で人が反応をしているのか、トレンドは何か?という調査を怠っている偽物の自称マーケッター、最近よくいる情報商材系の怪しいコンサルです。

集客に困っている人のニーズを正当化させて楽をしたいという事を彼らが正当化をする事が出来るように、「たくさんのサイト量産は必要ありません、コンテンツの時代です」なんて事を言うわけです。そんな馬鹿には騙されてはいけませんし、あなた自身も楽に出来るという怠けを正当化をするために、「ひとつのサイトを育てれば良いんだ」という事で結局何もしないというのでは何も上手くはいきません。

 

amazon、楽天アフィリを利用する利点

  1. 楽天、アマゾンのRSSフィードには自分のアフィリIDを入れた状態で表示をさせる事が出来る
  2. たくさんのコンテンツを作るのが前提なのでタイムリーな売れ筋のコンテンツを書くためのネタに困らない
  3. 調査的な意味合いで、他ジャンルに及ぶコンテンツを作るので、少しでも自分の作業にお金を発生させることが出来る
  4. 多量なコンテンツを作る事が前提なので、小さな報酬でも積みあがっていくクッキー系アフィリも案外と大きな報酬額になる
  5. RSSは自動で更新されるので、タイムリーな情報を自動的に表示をさせ続ける事が出来る
  6. RSSコンテンツの表示の仕方で少し工夫をする事で、自分のサイトのコンテンツとして機能をする

amazon、楽天アフィリを利用をするマーケッターとしたのメリットは、トラフィックと獲得する事が出来る商品・サービスの存在を知る事が出来るという点です。

また、様々なサービス商品をコンテンツに記載をしていきますから、その際に作業自体がマネタイズをする事が出来るという良い部分を取り入れながらマーケティングを行っていくわけです。

作業自体に無駄はないのですが、自らの作業に対して少しでも作業を無駄にしないでマネタイズをする手段をしてamazon、楽天アフィリを導入をしています。

RSSフィードに自分のアフィリコードを入れる事が出来るのはかなり利点

何が売れているのか、売れ筋トップ30のランキングというのはamazon、楽天では、売れているものをタイムリーに発信をしているわけで、それをRSSフィードで自動的に表示をさせられるというのはメリットです。

RSSフィードの表示のさせ方で、自分が作るサイト内のひとつのコンテンツとして機能をしますし、また、そのRSSフィード自体の売れ筋商品というのは、需要もありそれを求めている人が多いからこそ売れるていてランキングに掲載されるわけです。

従ってRSSフィードの情報自体が、そもそもトラフィックを生むコンテンツそのものであるのです。

あなたのサイトにたまたま来た人でも、そのRSSの商品を見たいという欲求があるという人も、かなり多いという可能性は高く、実際にamazon、楽天のRSSフィードに自分のアフィリIDを加えたものからの報酬も上がるというのは特に珍しい事ではありません。

ここまで読んでくだされば、楽天、amazonのRSSフィードを使う事、そもそもクッキー系アフィリを導入する事に何の損もなく、ウェブマーケティングを効率化をする事が出来るという事はご理解を頂けたと思います。