大きく出たなぁ~と思う事ですが、マーケッター人に情報を伝える事が役割です。

すごく、テクニック的な事が大きく言われる昨今ですが、個人がそれぞれ困っている事、これがあったら良いと思える、何かしら需要があるものに対して、その情報をスムーズに届けるという事が重要なわけです。

だから、マーケッターは何かを伝える人であるという事です。

そこに個人的な感覚、想いなどが出てきますから、色々とあるのですが、しかし基本的には、そのサービス情報などが実際に誰かの役に立つという事を前提として情報を伝えていくという事が仕事なわけです。

良い物でも良いと伝えなければ誰も気がつかない

良いサービス、良い商品でも、それを一生懸命に伝えなければ全く気がつかれないものになってしまいます。

マーケティングの基本というのは、「自分が良いと思った物、サービスは誰かに教えたくなる」という事に基づいていると考えています。

つまり、まずは自分が良いと思っている物がサービスがなぜ良いのか、何に役に立ち、自分の生活の中で何を改善をしてくれたものであるのか?という事を伝える事が大切なのです。この事は普段の友人、知人との会話で行っているごく気軽な感じで良いわけです。

良い物、良いサービスでも、絶対的にまずは、その情報を外に出さないとお話になりません。その素朴な事に気がついて頂く必要性があり、マーケッターというのは、良い物、良いサービスというものを探すか、訴求ポイントに基づいてそれを人に伝えるかという事が使命なわけです。

つまりは媒介なのです。かなりシンプルな事で、「ある特定の問題を解決する事が出来るサービス・物はコレ」という事をシンプルに伝えるだけの事がマーケッターの基礎なのです。

そこに肉付けで、言葉の使い方はこれの方が良いとか、文字は大きくするとか、工夫が入ってくるのです。しかしながら、本当の基本は、その商品、サービスが何に役に立つのかという事をただ伝えるという事が重要なわけです。

そして、それを仕事として、業として行うのがマーケッターであるという事で、マーケッターは基本的には人の問題の解決のヒントを社会にある商品、サービスを使って解決をする事が出来るという事を示すという事が役割であり使命です。

 

 

どのような商品・サービスでも需要がある

マーケッターが忘れがちなのですが、どの商品、サービスでも需要があります。確かに同業他社がいる場合は比較の対象にされてしまうのですが、それでも、その商品やサービスの方が優れている点というのも絶対的にあるはずです。

全てを内包をしているサービスなどはないのです。だから一見イメージ的にはある一方の商品、サービスが負けている可能性があったとしても、実際に細かく見ていくと、負けていないという部分はあるはずなのです。どこか一つで良いわけです。

それを見つけて、その負けていない部分を最も必要としている人が見つけやすい情報として構築をしていくのがマーケッターの仕事なのです。

マーケッターはその商品、サービスを熟知していなければならない

マーケッターは、自分が取扱う商品、サービスを熟知をしている必要性があると思います。特に劣勢から優勢にするためには、主眼を変えてプロモーションを構築をする必要性があるのです。

だから、その商品、サービスの事を熟知をしていないと適切な情報を取り出す事が出来ません。また、その商品、サービスのどのような部分が、どのような人に最も役に立つのかという事を具体的な例を出して示せなければなりません。

それを、しっかりと訴求をしていくという事で、その商品やサービスを利用して頂けるようになるのです。

だから、マーケッターというのは、自分が取扱う商品・サービスをより良く理解をしなければならないのです。

 

反応率の良い広告、サイトが出来ても、それを見てもらう施策をしなければ意味がありません

ただ、注意をしなければならないのは、どれだけ商品を熟知をして良い商品、良いサービスを宣伝する広告が出来たとしても、それでは人に見てもらうことは出来ません。

皆さんは良くこの点を勘違いするのです。反応率の良い広告が出来たとしても、それを見てもらう事が出来なければまったく意味はありません。反応率が良い広告を作った後には、それをより多くの人に見てもらうという事をしなければならないのです。

多くの人の勘違いはコピーライティングなどを学んで反応率の良い広告やサイトを作成をすれば人がそれを購入してくれると思い込んでいるのです。

しかしながら、それは間違いです。広告を作っただけで、その広告自体を多くの人に見てもらうという事をしないので、特に駆け出しのアフィリエイター、マーケッターは上手くいかない人が多いのです。

なぜマーケッター、アフィリエイターの駆け出しは売れないのか?

自分が取扱う商品、サービスを熟知をしなければならいのは当然と言えば当然なのですが、逆に反復継続を機械的にし続けるという事も大切という事があります。

自分が、商品、サービスを熟知をして、何を訴求ポイントにするかという事を決めて、それを広告、情報、サイトとして立ち上げた後の行動は、反復継続をして、その立ち上げた広告、情報サイトなどを見てもらうようにしていく必要と、繰り返しその訴求ポイントを延々と口にし続ける必要性があります。

この事を前提にすると、駆け出しのマーケッター・アフィリエイターで成果が出ない人と出る人の違いが分かってくると思います。

世の中の広告会社というのは反応率の高い広告を作る事が役割で、それを多くの人に見てもらう手段としてテレビ、ラジオ、ad広告などを使っいます。

つまり、完成した広告を人に見せるという事に関しては他の媒体に任せているのです。

しかしながら、個人のマーケッター、アフィリエイターとして商品、サービスを作成をする駆け出しの人が間違えるのはこの部分なのです。大手と同じ反応率の高いキレイな広告を作成をすれば人が来ると思い込んでいるのです。

大手広告企業だって、キレイな広告を作って人が来ているのではなくて、キレイな広告を作った後には宣伝広告費として露出をして広告を見てもらうために莫大なお金を賭けているのです。つまり、人に見てもらう施策というのは、それに特化をした業者に依頼をして広告が多くの人の目に触れるところに露出をしているという事です。

しかし、駆け出しのマーケッター、アフィリエイターの勘違いは、キレイな広告を作れば人が来る、購入をしれくれると思い込んでいるところです。

 

 

この事を知っているのか、知っていないのかというだけで、行動が変わります。

つまり、自分が作ったサイト、情報をさらに宣伝広告をするという事を延々と行うと考えて頂くとかなり理解がしやすいと思います。

自分の作った広告、アフィリサイトから売上げが上がらないという人は、自分の作った広告、アフィリサイトをさらに自分でそれを宣伝をするという事をして下さい。

そのようにすると、今までの自分が何が間違っていたのか?なぜ売上げが上がらないという状況があったのかという事を理解をする事が出来ると思います。