インターネットが出現をして、すごく個人の知識それぞれがフォーカスされやすい時代になりました。

インターネットの検索エンジンが発達をして適切なインデックスをしてくれる精度が飛躍的に上がった事によって、仕事としてインターネットに触れていなくても、あり程度の物事に絞って、それを情熱的に語れる、解説できる、紹介出来るという人が作ったコンテンツが注目を浴びるという事が少なくない時代になってきたのです。

ようは、ざっくり言ってしまいえば、誰でも、何かすごく好きな事、興味がある事に関してサイトを作成をしていく事で、そのサイトアクセスを呼び込める時代になったという事でもあります。

だから、何か凄く熱く語れるような、それを語っているだけで本当に楽しいとか、嬉しいという事がある人は既に自分の収入を爆発的に上げる可能性を持っているという事なのです。

インターネットのサイトを作成してそれをマネタイズをする事に成功をするふたつのタイプ

インターネットで稼ぎたいという場合には、稼ぐ気持ちで仕事と認識をしてそれを継続をするのか、若しくは自分の好きな事、興味のある事を延々と語り更新をし続けていくのか?2つのタイプのいづれかでないと成功をする事はかなり難しいでしょう。

インターネットを使ってお金を稼ぐというのは広告事業そのものであり、企業が行なうマーケティングの流れそのものですから、仕事としてある程度は体系的に基本を守って行なう事で反響を取れるようになってきます。

マーケティングに大切な流れをいつのまにか自然な形で意識せずにそうなってしまうのが、自分の興味、関心がある事を熱意を持ってコンテンツを作成をしている人々なのです。

従って、上記2つのタイプ以外は殆ど成功はしないといっても過言ではりません。

反対になぜ多くの人がインターネットを使って稼ぐ事が難しいのか

インターネットを使って稼ぎたいというような人は本当に多くいますが、正直マーケティングを仕事としている僕の立場からすれば、「舐めるなよ」と思うわけです。

100人いたらほぼ9割がインターネットで稼ぐという事が、何かの爆発のきっかけがあれば楽して儲かると思っています。

何を寝ぼけた事を言っているのかと僕としては呆れてしまうのですが、よく考えれば、何かのきっかけと生み出すまでの努力、コンテンツ作成を継続をする事が出来ないのにキッカケが現れるはずがないのです。

そもそも、キッカケを掴むほどのコンテンツが入っていないサイトをしか作成をしていないのに、キッカケが来ると思っているバカが多いのです。

簡単に例を出せば、

自宅で歌を歌い続けて、youtubeや路上などで歌ってみる事もなく、「きかっけがあれば売れる」と思っているという状態と変わりません。

つまり勘違いというのも憚られるようなアホが多いわけです。

インターネットで稼ぎたいと言っている人は、そもそも舐めているヤツが多い

インターネットで稼ぎたいとか、ネットビジネスをしたいとか言っているヤツは本当にロクなヤツがいないというのが現状です。

「インターネットで稼ぎたい」という言い方には暗に、「インターネットには楽して稼げる方法があるんでしょ」って事を思っている人が本当に多いのです。インターネットを使えば楽に稼げるというのは、見た目は楽に見えるというだけで、毎日・毎日サイトの更新をしています。

基本インターネットで稼ぐとうのは作文を書くのと同様です。殆どが文章情報で伝えるわけですからね。

でもネットで稼ぎたいという人に限って、案外と多いのがロクに作文も書けなかったような人が多いわけです。

作文もロクに書けないやつが、毎日8時間作文を書き続けるのと全く同様なのがインターネットの世界ですよ。基本は文章を書き続けるのがインターネットのサイト作成です。その文章もロクに書けなかったようなヤツが、ネットマーケティングを「インターネットで稼ぎたい」と舐めた言葉を言ってくるわけです。

それで挙句の果てに、的外れな事も書いていないような情報商材などを買って、騙されたなどとのたうち回るという事が大半です。じゃあ情報商材じゃなくて、通信教育でも良いから、マーケティング原論とか学びに行けよ!!って思うわけです。

 

残念な人にならないために

上記に書いてきたような残念な人にならいためには、自分の最も興味があって熱意のある事をコンテンツとして製作をしていくか、若しくは仕事として覚悟をして、仕事としてマーケッターになる覚悟をして行うしかありません。

本気で取り組めば、いづれにせよ、楽しくなる瞬間があります。

時間をかけて、その事に覚悟を持って行なうからこそ、その物事に愛着がわいて、それを継続をする事が出来るようになっていくのです。

是非覚悟をしてインターネットを使って、あなたの人生を切り開く最善のツールとして利用をして頂けるようになれば幸いです。