国際情勢・国際社会ってこれからどのようになっていくのでしょうか?

細かい事を言えば、たくさんの事があるし、まだ発展途上国などもあるのですが地球全体という事で考えていけば、既に地球というのは全体を通せば成熟社会と形成したのだと感じます。

その中で、これから金融、人、物の移動などの規制、国としての機能などの過渡期であると感じる事が多くなってきました。

この社会情勢の中に於いて、個人のマーケッター、アフィリエイターの存在感も実際にはかなり大きなものとなってきました。

インターネット上でのマーケティングが中心の個人マーケッター、またアフィリエイターは個人であってもインターネットという効率的な媒体を利用をする事によって個人でもかなり大きな力を持つようになってきています。

 

人、物、金(かね)の移動の全体的な管理と国の機能

国際化をした社会の中で、人、物、金の移動の全体的な管理、各国の政府の機能の強化が考えられているのは事実です。

しかしながら、それは表面上の問題であって、それぞれの国、政府はより有利に自国の利権を守っていく立場にありますから、やはり、裏では対立をする部分の方が大きいのも事実であるという事が言えるでしょう。

その中で、各国の主要な部分はインターネットを介した取引の中での課税の問題です。

その税金はどこの国のものなのかという事を正確に把握をする事はかなり困難となってきました。また、それに対応をする法律がないという事もあり、個人が恣意的な解釈で無駄に課税をされてしまうという事も大きな問題という事が言えるでしょう。

 

マーケッターの立場から見た物・金・人の移動

マーケッターとしては、どのような社会の状態になっても、その状態から導かれる需要を見出して、より効果的でその状態で必要をされているサービス、物などに焦点を当て、より効率的に流通を確保をする事を行っていきます。

時代に合わせて、若しくは人々のニーズに合わせて、より適切なインフォメーションを流す事がマーケッターの仕事ですから、基本的にマーケッターの仕事がなくなるという事はありません。

しかしながら、仕事が出来る環境というものが害されればマーケッターというのも仕事を失う事になりますから、国際情勢に安定というのは大変に重要です。

また、現在のマーケッターと言うのはインターネットが存在をしているという事によって、個人でも大きなお金が動く流通を生み出す事が出来て社会に還元をする事が出来る存在としてあります。

 

マーケッター、アフィリエイターの存在感は社会・企業にとって大きい

マーケッター個人の収入が少ないと言っても、実際の社会に与えるインパクトというのは一人のマーケッターでも実はかなり大きなお金を動かす存在です。

例えば、楽天アフィリというものがあります。多くのインターネット上で活動をするマーケッター、アフィリエイターがサイト作成の際に楽天アフィリを導入をする事は少なくなりません。

おおかた楽天アフィリの報酬額というのは売り上げの1%です。

つまり、楽天アフィリで1ヶ月に100万円の収入がるというような一部の個人のマーケッター、アフィリエイターというのは、企業、関連企業に対して総額1億円の流通を生み出す存在という事なのです。

個人的な報酬面だけにフォーカスをすると、そこまで大きくなるという事を想像する事は出来ないかもしれませんが、実際のところマーケッター、アフィリエイターが生み出す流通の総額というのはかなり大きいものであるという事は、この事から容易に想像をする事が出来るでしょう。

この事を意識して、個人であるマーケッターは日々の仕事に取組みながら、また社会が安定的である事を願いながら、その安定に寄与するマーケティング活動をしていく事がこれからの社会の中で大切な事なのであろうと感じます。