個人のマーケッターは、ネットマーケティングが主戦場であるという事が殆どです。

企業のマーケティング部門にいるマーケッターやマーケティング担当者は広告出稿を考えたり、テレビ、動画メディアなどへの広告の出稿をするという事が殆どかもしれません。

しかしながら、最近はインターネットのマーケティングが中小、大手、零細を問わずに最も重要なポジションになっています。

アフィリエイトマーケティングはネット時代に特に重要な地位にいます。

 

個人マーケッターの主戦場はネットマーケティング

個人マーケッターは、企業から直接オファーをもらってキャンペーンなどを組むという事もありますが、基本的に企業から一定オファーをもらわなくても、アフィリエイトの出現によってそれぞれの企業と契約をして行う事は少なくなったと思います。

アフィリエイトであれば、特段それぞれの企業と契約を交わさなくても良いですし、好きな商品、サービスを宣伝広告、またコンテンツを充実をさせていけば良いわけですから、個人マーケッターはわざわざ自分の名前を外に出して行う必要もありません。

自己顕示欲が強いマーケッターは情報商材を出したり、自分のコンテンツを販売をしているという方もいますが、そんな事をするよりも、基本的には知名度のある企業の商品を取扱ったアフィリエイトを延々と行っている方がお金は稼ぎやすいので、特に個人のマーケッターは力がある人でも、人間関係に煩わされないアフィリエイトサイトの構築をしているという方が非常に多いです。

 

複雑なマーケティング理論などいらない

マーケティングを複雑な理論で語る人も多いですが、でも実際に何か複雑な理論を知っているところであまり役に立たないという事が現状です。

結局は、「どれだけ多くの人に、広告・商品を見てもらいそれを購入してもらうか」しか極論やる事はないのですから、いかに効率的に、多くの人に見てもらう状態を出現させるかという事をしていくだけのことなのです。

基本はただ宣伝広告文を考えて、それを文章にする数が多ければ多いほど売れるのです。

その状態をいかに効率よく行っていくのかという事がマーケティングであり個人のマーケッターが毎日行っている事なのです。

マーケッターの毎日は地味の地味も大地味です

ネットのマーケッターとか、かなり稼げているアフィリエイターなどが多く取り上げられたことがあって、一種の成金主義的に派手な感じになっていました。

けれども、あれはテレビとかメディア用であって、実際のマーケッターの毎日というのは地味です。

毎日コンテンツの作成をしてサイトを構築をしていくという事が仕事ですから地味過ぎるくらいです。

あの成金的派手さのイメージで、実際のマーケッターとしての仕事を自分で行ってみるとギャップの激しさに驚く人も少ないと思います。

あの派手なイメージがあるので、多くの方は実際にネットマーケティング、アフィリエイトを行ってみようという際に、実際の作業の入ってみるとかなりショボイ感じがして、「本当にこんな事で稼げるのか?」なんて感じる事があるようです。

でも、マーケッターだけではなく、基本的に毎日の仕事は地味なものです。なので、毎日何か派手な事をしていたりするというような考え方を持っている方や、すぐに成金的にドカンと稼げると思っている方はネットマーケティングはおろか、どんな独立起業も適さないでしょう。

地味な事を毎日、毎日繰り返していく事が仕事なのです。

 

企業から見たアフィリエイトマーケティング

アフィリエイトは簡単に言えば成果型広告ですから、企業としては取扱ってもらう事で成果が上がらなければ一切のお金を支払う必要がないので、多くのアフィリエイターが自社のアフィリエイトに参加をしてくれる事は大きな効果を得る事が出きるのです。

しかも低コストで、大きな収益を期待する事が出来るのがアフィリエイトマーケティングのメリットです

また企業側もネットマーケティングによる新たな収益構造の獲得に必死になっています。なぜならネットメディア運営はある程度のコンテンツ量を備えた際に、ほぼ自動的に収益を生み出してくれる仕組みですから、これほど低コストな事業はありません。

ですからネットメディアの運営は、いまや企業が新しい収益を得るためにものになっており、コンテンツを変えるだけで基本的には何でも取扱う事が出きるアフィリエイト収益を基盤としてメディア運営は、大企業もこぞって参加をしてきているのが現状です。

 

アフィリエイトは全く終わっていないし比較的稼ぎ易いビジネスモデル

アフィリエイトは終わったなんて事を言っているのはマーケティングのマの字も分からないような素人ばかりです。

アフィリエイトは企業が作ってきたブランド力をそのまま使って営業をする事が出きる素晴らしいビジネスモデルであり、個人でも充分な収益を獲得する事が出来るモデルです。

一流企業の商品、サービスを自分で宣伝してみても売れないような人が、自分の商品・サービスを作って商売をはじめたところで上手くいくわけはありません。

その事をすごく勘違いをしている方が非常に多いのですが、そのような事を勘違いしている人が多いからこそ、既存のマーケッター、古参のアフィリエイターはライバルが増えたなんて事は実際にはなんとも思っていません。

よもや、アフィリエイトは大きく稼ぐことが難しいと思っている方が増えているという事が非常に都合が良いのです。それは個人のマーケッターとしての僕も同様にそのように思っています。

 

今から、アフィリエイトマーケティング、マーケッターはどのようになっていくか分かりませんが、AIなどの技術革新を上手に利用をしながら、コンテンツ作成を行い、プロモーションを組み立てていくという能力が重要になっていくでしょう。