このブログはあまり更新をしていないと言えばいないのですが、正直しっかりとした内容を含んでいる記事もあります。

これは、正直本当に個人的にそう思っています。

ただ!

なにか・・・

こう・・・

 

知識欲が貪欲な方、また、情報を入れるだけで入れきれていない方のご指摘によくあるのが「マーケッターwww」ってものです。

マーケターという言い方が主流なのですが、実は、マーケッター、マーケターの言い方に違いはありません。

 

で、個人的には、マーケッターと言う言い方の方がなんとなく好きという事もあってマーケッターという方を使っています。

 

って事で別に間違えているわけではなく、マーケッターでもマーケタでもいづれも正しいのです。

 

逆に、これを指摘する、あなたの方が恥ずかしい人であるという事を認識をした方がよろしいですよ~~~

 

正直、マーケッター、マーケターという内容は、自分で起業をしてビジネスを運営をしている人は、自然にそれをしなければならないので、繁盛店の店長さんなどは、専門的に、その商売の仕方、集客の仕方を知っているわけですから、それも実際にはマーケッターです。

 

ただ、マーケッターとして名乗るというのは、どの業界にしても、プロとして、マーケティングの方法論を知っており、それを適用をしてビジネスを運用をするという事が出来るという事がマーケッターというプロです。

 

名称なんてどうでも良いですし、需要曲線が・・・なんてお話はどうでも良いのです。

 

それは経営学を専攻をした学生、教授に任せるとして、本来的に絶対に的にマーケッターに必要とされているのは、ただひとつです。

 

ビジネスの運営・運用の最重要な点の、集客をして、お客様に商品サービスを提供をする事で、そのお客様の悩みなどを解決をするという事を目的としています。

つまり、その商品サービスが本当に必要で、それを使うと本当に人生に於いて役に立つという人を見つけ、その人に適切な物・サービスを発見をしてもらうという事がマーケッターの仕事です。

 

すなわち、売れない物を売れるようにするというような事でもなく、その個人に必要ではないものを説得をする技術でもなく、必要な人が、その商品、サービスを見つけやすい状態にするという事がマーケッターの仕事であり、プロとしての仕事です。

 

だから、マーケッターという仕事をしている僕は、対象とする商品・サービスがどのような状況の人に、必要であるか、何を解決をする事が出来るかという事、また解決をする事が出来る可能性などを広範囲に認識をした上で、人の悩みを対象に、該当商品・サービスを利用をする事によって、悩みなどを解決をする事が出来るという事を提示をするという事になります。

 

って事で、そんな事をして暮らしているのがマーケッターである僕という事です。

 

ちなみに、企業と個別に契約をしている企業マーケッターではありません。

 

独自の切り口などを構築をして、そしてウェブ上にセールレター(ランディング)を書き、そこからアフィリエイト広告を経由をするという事が大半です。

 

また、企業と直接契約をしているものもありますが、基本的に最近の傾向では、アフィリエイトと同様の運用の仕方が推奨をされるので、契約はするとしても、実際の報酬は月額の契約料金がプラスされるだけであとは、アフィリエイトと同様にトラッキングIDからの実際の売り上げによって報酬が決まるという事が大半かと思います。

 

マーケッターは正直なところ、フリーの人が大変に多いですし、マーケッターと名乗っていても企業内マーケッターは集客が出来ないという人もかなり多いです。ってか、ほぼ100%サラリーマンマーケッターは、マーケッターではないですね。

 

僕個人が思うマーケッターって、トラフィックのあるメディアを自分で構築をする事が出来る、またトラフィックのある媒体を取捨選択をして、最も人に反応をしてもらえる広告デザインなどを取捨選択をする事が出来るという一連の流れを全て一人で構築をする事が出来るという事がマーケッターだと思っています。

なので、集客をする事が出来ない企業内のサラリーマンマーケッターは、マーケッターではないと言い切ります

 

自分でマーケティングをする事が出来てコンバージョンを生むことが出来るのであれば、サラリーマンでいる必要性なんてありませんから。なので、能力があるマーケッターは大抵会社など辞めてしまいます。

なぜなら、自分という商品を売り込む必要ななく、いつも新製品は出続けるから、マーケティングを行うべき商品はなくなりません。自分を売り込んでいるわけではないので、流行も廃りもなく、新しい商品、サービスのマーケティングを行っていけば良いだけですし、また昨今はアフィリエイトASPのおかげで各個別の企業の商品サービスも別個で契約をする必要性もありませんので、能力のあるマーケッターでアフィリエイトをやっていない人なんて現在は殆どいないでしょう。

特に人間関係がガチャガチャしたくないという人だと、ASP内では有名であっても・・・現実社会の中でマーケッターとして自分でクライアントの獲得をするという事もありませんし、マーケティングのサービスを展開をしているわけでもないという事が殆どなので、素晴らしい能力のあるマーケッターも表には出てこないです。

って事で、あまり表に出てこないマーケッターですが、表に出る必要もなく、自分の仕事を黙々と出来る環境がインターネットのおかげでさらに加速をしたので、余計に表側に出る必要がなくなったけれども、仕事がしやすくなったのがマーケッターかな?って思います。

 

マーケッターも、自分が今日からマーケッターであると言った瞬間にマーケッターとなれるので、あとは、自分がマーケティングという技術、方法論で本当に稼いで生計を立てるという事が出来ていれば、本物のマーケッターであるでしょう。

 

また、アフィリエイトを中心に行う人の事をアフィリエイターと呼びますが、そもそもアフィリエイトという単語は「提携」という意味であって、アフィリエイターはマーケッターそのものなので、トップアフィリエイターはそりゃ凄いですよ!

 

そもそも、自分の商品、サービスを持っていてパッケージ化をするほどの情熱がある方であると、それでも売れてしまいますからね。でも、やはりトップアフィリエイターと言われるマーケッターは、そもそも、「人間関係がもう・・・」という悩みで、会社を辞めたり、健康状態の事などの事情からアフィリエイトをはじめて、技術を上げてきた方が多いので、そもそも自分が素晴らしい技術を持ってトップアフィリエイターになっているという事に気がついていない人がたくさんいらっしゃるというのも事実です。

なので、なかなか表に出てきませんし、スポットが当たる事がありませんが、アフィリエイターのトップクラスは、マーケッターそのものです。

本来的にガッツリ自分で売って、その分の出来高報酬を貰うという事で生活をしているわけですから、そりゃ!!もう!!

って事で、アフィリエイターを何か社会的に下の人って見るような態度はやめた方が良いかと思いますよね。

 

アフィリエイターがいないと大企業の正直なところマーケティングというより、販売が全く立ち行かないというくらいにインパクトが大きく実際の経済活動のキッカケを作るのがアフィリエイターという事もあって、現在はアフィリエイター登録をする人口は増えるものの、サイトを作る、ワードプレスを触るという事が問題なく出来る人口が実は減っているという事もあり、中堅でなくても、そもそもパソコンでホームページ、ワードプレスをある程度触るという事が出来るアフィリエイターが足りず、ASPはアフィリエイターの確保に血眼になっているのも現状です。

 

つまりですね、パソコンが普通に使えて、タイピングが問題なく、ワードプレスが使える、HTML/CSSがコピペにしても使える程度の能力を持った人が圧倒的に少なくなってきているので、実際には引き手あまたというのが現状です。

 

なので、仕事が心配という方ほど、正気なところホームページ作成、ワードプレス運用、などをやっておくと仕事には困りませんし、そもそもマーケッターになる場合には、もうほぼ避けて通る事が出来ないので、絶対に必須の能力となっています。

資格を取るのもよいかもしれませんが、それ以上に、自分で情報を発信をする事が出来る手段を専門的に学ぶ、マーケティングを学ぶ、インターネットを学ぶという事の方がこれからの時代は良いかと思いますね。