自分のやりたいと時に仕事をして、そして、やりたくない時には何もしないという事はマーケッターならではです。

しかしながら!!

皆さん、勘違いをし過ぎですし、かなり自分勝手な事を言っておきながら、「ワークライブバランスが」とほざきますが、そもそも実績も何もなく憂慮される存在でもない、市場から言えば価値もない個人のあなたに合わせてなぜお金を支払う側が気を使わなければならないのでしょうか?

逆の立場でよく考える必要があります。

そもそも無名の個人に社会的な価値などありません。何か最近の安易なポピュリズムとか、安易すぎる人の尊さみたいなものに毒されて、それが大多数に正しく聞こえるようなロジックで上辺で語るので、あたかも個々の人間それぞれに社会的な価値があるというような風潮になっているのですが、そんな事は絶対にありません。

それに、お金をもらうという事は、あなたが誰かの仕事に対して貢献をしているから、若しくは誰かが欲しいものや、解決してほしい問題を解決が出来るという事にほかなりません。それが出来ないのにお金だけを要求をして、生命は尊いなんて事をドヤ顔している偽もの社会派、偽物人権派がいかに多い事か。

現在、誰もが出来る仕事を与えられて給与をもらっているのに、何か勘違いをして批判をしている人はほぼ未来に仕事なんてありませんし、あなただから出来る仕事なんてものは無くなるでしょう。

ワークライフバランスの仕事である程度自由を獲得する仕事ほど能力が顕著に出る

ワークライブバランスという言葉を都合の良いように解釈をしている人が多くいますが、今までは多少個人に能力がなかろうとも、あろうとも実際に同様の給与を企業は支払ってくれていました。

意味のない残業でも認めて割り増しの残業代を支払ったり、経費の申請を吟味もせずに経費として落としてくれていました。それをあたかも当たり前で、従業員という地位で不正をしていた事など忘れて企業の批判ばかりをする風潮が最近かなり目立ちます。

そして、さらにワークライフバランスと言いだしていますが、企業としてはこれは願ったりかなったりです。

ノーワーク、ノーペイが当たり前ですし、それは労働政策の基本原則です。今まで企業はその管理が面倒という側面と一律の固定給を支払っているスタイルの方が労務管理が簡単で実際にはコストが安かったから、個々の仕事のペースがバラバラという事をしなかっただけです。

けれども、必要なときにさえいてくれればそれで良いわけです。そして、給与というのはノーワーク、ノーペイが原則ですからライフワークバランスを社会派、人権派を気取ってドヤ顔で言っている能力の低い人は実際にワイフワークバランスを建前にしたフレキシブルな労働の仕方を採用をされてからかなり驚く事であろという事は間違いありません。

なぜなら、仕事をした時間分だけしか給与に反映されないからです。しかも、能力がなくても割り当てられていたいわゆる誰でも出来る事務仕事、文章仕事はこれから、どんどんAIに置き換わっていきます。ですから、特段、あなたという個人がいなくても困る仕事ではないものをやっているだけであるのに、あたかも自分に価値があると思いながら現在給与を支払ってくれている企業に不平・不満ばかりもらしてエセ人権派を気取っている人は後に取替えしはつかない可能性が大きいでしょう。

反対に、能力値の高い人はより良い環境になる事は間違いありません。自分が担当のお客様をたくさん持っている人であれば、それだけをやっていればよいからです。また、会社にいて雰囲気的に自分の仕事ではないのに何かを手伝わされたりするという事もあって、無駄に過ごしていた部分を削除出来るのできて、自分の仕事に専念できるのです。

だから、今までは能力がなくても与えられて、あなたではなくても出来る仕事に細分化をして代用がきくようにしてきたのです。すなわち、誰でも出来る仕事であって、あなたではなくても良いが、あなたがその仕事をしているから給与を支払っていたに過ぎません。

けれども、それがライフワークバランスという事でよりフレキシブルな個人の都合に合わせた時間で仕事をするというスタイルに変わるという事は、つまり能力がより高く要求される時代になるという事であって、そもそも誰でも出来る仕事をしていた人は、より給与は減るという事をわかっておく必要があります。

簡単に言いますが、あなたが所属をしている会社は、あなたの会社ではありません。創業者という人間が作ったもので、その人がなぜあなたを守る義務がありますか?そんな義務はありません。あなたが自分の人権というものを主張をするのも行き過ぎると経営者の人権を無視したものになります。

経営者なのだから従業員の事を考えて当たり前で、ライフワークバランスを考えて職場環境を整えろ!と言ったとして、ではフレキシブルに働ける環境を作るために、経営者が一日14時間は絶対に働かなくてはならないというしわ寄せを負ったとしましょう。多分、あなたは「経営者だから当たり前」なんて事を平気で言ってのけるでしょうが、なぜ赤の他人のあなたに経営者がここまでの事をして、あなたのどうしようもない事に付き合わなくてはならないのでしょうか?

このように両方の側面から考えるという視点はとても重要です。そして自由に仕事をするという事は自分で稼げる能力があるから言える事であって、そもそも自分で営業をした事がない、新規の仕事を獲得をした事がない、若しくは出来ないという人にとってライフラークバランスの概念は実際にはかなりキツイ、成果能力主義そのものですから良い部分だけを見ていると実際にはあなた自身の首を絞める事になります。

能力のある人は自分で自由に仕事をする時代

無名のマーケッターであっても、アフィリエイターであっても月額100万円を稼げるほどの人は実はゴロゴロいます。現在はネットの普及によって時代的に月収100万円の所得(月収100万円に相当する収入)が最も多い時代となっています。

格差が広がっていると言いますが、格差が広がっているのではなく、より平等に評価をした結果です。多くの収入を手に入れるのは、それだけ人より多く社会に提供をしたものが多いから支払われるものが多いのです。それを平等に評価をしたら仕事をより多くして、そして売り上げを上げる人がお金をたくさん獲得するのは当たり前ですよね。

よく、平等と言いますよね?平等に評価をすれば格差が広がるのは当然の事なのです。

学校の勉強にとらえると分りやすいです。頑張って学校内10位の成績をとった学生と、本人的には頑張ったけれども50位の成績の者の頑張りはどちらも同じで、いづれも頑張ったから格差は広げてはいけないからと評定を同様にしたら、それは平等ではないでしょう?

仕事だって、経済的な理由だって全く同様です。すごく仕事が出来る人に多くの給与を与えないのであれば、それは不公平であり平等ではありません。それを平等に評価をする時代になったからこそ格差が開くのは当然であるという事から目を背けてはいけません。

でも経済的な平等に関してになると多くの人の目が曇るのです。まさに、弱者という暴力、弱者という大多数を引き連れて能力がある者を悪とわんばかりに平等を建前にしてまさに暴力をふるうのです。

平等を建前にして平等を否定するのですから、どれだけ自分のやっている事が愚かな事かという事に気が付かないエセ人権派が多い事。。。

だから、より能力のある人は気が付くのです。企業の組織としての部分を簡単に利用をする事が出来て、低コストで起業に近い事をする事は出来ないか?と。

それが、アフィリエイト、営業代行、マーケッターというような完全出来高制のシステムなわけです。だから、売り上げを上げる事さえできれば、いつでも自由に働く事が出来ます。しかし、反対言えば、どれだけ現実にサイトを作ったりしたとしても売り上げがあがらないのであれば収入は0円です。

自由に仕事の以前にかなり大変なマーケッターのスタートアップ

自由に自分のやりたいときに仕事をするというのは、あなたの勝手ですし、自由なのですが、それはあなたが例えばアフィリエイトという仕組みで自分のサイトをしっかり作る事が出来て自動的に回るようになってからの話です。

そこに至るまでは、難しい事が必要なわけではありませんが、シンプルな事でも延々とやり続ける事、そして検証して、また検証した結果をもとに、再び検証をしていく事の繰り返しが重要になるわけです。その際には1円も報酬が発生しない事も多いです。それに、サイトを構築するのはかなり疲れます。一人で延々と文章を考えてイメージ画像を加工し、サイトの体裁を作っていきます。

アフィリエイト、マーケッターのスタートアップでは、やる事は膨大にあり、たった一つのサイトを作っていくだけではほぼ確実に絶対的にスタートアップで収益を得る事は出来ません。しかも、複数のサイトを作りながらSEOの対策もしつつ、サイトを作り続けてトラフィック出来てからようやくサイトの検証に入る事が出来るのです。

そして3か月、半年が経過をしてようやく売れるようになってくるという感じです。3か月程度で報酬が発生をしてくるようなアフィリエイトサイトを作成が出来たとしたら、それはかなりスピードが早い方であるという事も言えます。

だから、基本的には、最初の1年は報酬が上がってきたとしても正直、アフィリサイトだけの収益で暮らせるような収入を確保するという事は極めて困難です。しかし、スタートアップを乗り切りサイト運営を展開し続けていくという事や、売り上げの上がるサイトの構築が新規ではじめて3か月、6か月でだいたい売り上げが上がり出すという事を知っていると、それがルーチンになりますから、売り上げが上がる新規サイトをどれだけたくさん立ち上げていく事が出来るかという事になっていくのです。

だからマーケッターは実はこの流れさえ知っておいてある程度の時間がかかるものであるという事を肝に銘じて運営をし続けていく事によって収益はほぼ確実に増えていきます。つまり最初の3か月、6か月を延々とサイトを作り続けるという事が出来ないまま、「儲からない」「稼げない」と言ってやめていく人が大半です。

ときどき、いきなり莫大なアフィリ報酬を手にするケースもあるが・・・

ときどき、かなり激戦のジャンルでSEO的に成功をして一気に上がる方がいます。そのような幸運に恵まれた方は1年経過をしなくても数千万円という報酬に至る事もありますが、それは宝くじに当たったようなもので、そんな人はごく稀です。

また、才能の問題ではなく、ある程度の普通の記事が書ける人であれば、実は激戦区のキーワードジャンルでSEOに成功をすれば正直自動的に高額な収益が上がります。なので、ある程度の試行錯誤がなく、たまたまSEO的に1年目で数千万円稼いでしまったというようなアフィリエイターは、マーケティングの概念を知らないまま自分は才能があると思い込んで後々に結局基礎がないので二度と這い上がれないというケースはたくさんあります。

なので、いきなりたくさんアフィリサイトで当たって稼げる事は嬉しい事であるという事は間違いありませんが、それも個々にとって良し悪しがあります。なので、SEO的に当たる爆発が起こるというのは、ある程度のノウハウを実感を持って理解をした数年を経過したときに起こる事が望ましいです。

そうしたら、それはボーナスというような感覚で受け取る事が出来て、自分に才能があって特別だから出来たなんて過信をせずに済むからです。

アフィリエイトから入るマーケッターの実績づくりのために必要なもの

ウェブマーケッター、ネットマーケッター、単にマーケッターという呼び方や、アフィリエイターという言い方など様々ありますが、基本的には、いづれにせよ、物やサービスをより大量に売る、流通を起こすという事が絶対的に必要であり、それを行う事が現在のイメージとなっています。

細かく言えば、マーケティングは企業活動の全般にわたり流通、集客、顧客管理の仕組み、など全ての企業活動を円滑に行い大量に物やサービスをユーザーに行き渡らせる事という概念になります。

けれども、結局のところは集客がなければ、カスタマー業務も改善のしようがありませんし、流通も改善のしようがありません。つまりマーケティング業務で最も重要であり、企業活動で最も重要であるのが集客をするという事に他ならないのです。ですから、現在的にマーケティングというと集客という事、また直接売り上げを上げる施策を施すという事というイメージが定着をしているという事が言えます。

と、かなり話題からヅレてしまいましたね(;´・ω・)

戻しますね。

僕の仕事はマーケティングです、いつの間にやらマーケティングが専門の人に流れでなってしまったという・・・

その僕が何ではじまから、このサービス、このネットテンプレ、画像編集ソフトなどを使っておかなかったのか!!と後悔をしたものをまとめます。

画像編集ソフト編

adobe Photshop

アドビのフォトショップはなぜ使わなかったのか?と後々にかなり後悔をしました。覚えるのに一苦労はするのですが、しかし・・・玄人向きという事ではありません。

マーケッターとして使う機能なんて、クリエイターではないのでたかだ知れています。

ドロップシャドウ、人物の切り抜き、バナー広告作成くらいです。

でも、フォトショップなら簡単にキレイに切り抜きが出来る事でもフリーソフトのGimpを使うと・・・こちらの方が玄人向きというかフォトショップをプロ並みに使いこなすか、若しくはプロとして使っている人ならGimpでも充分に作品の仕上がりは素晴らしいという事になりますが、そうではない一応使わなければならないとか、今から画像編集を覚えるという方であればGimpの方が機能を理解していない事がダイレクトに出ます。

フォトショップであれば、Gimpでは出てしまう切り抜きがあまり美しくできないというような初歩的なものを感じさせず初心者であってもキレイに美しく人物画像の切り抜き、複雑なオブジェクトの切り抜きをする事が出来ます。

僕はGimpを長らく使っていたのですが・・・お金がある程度使えるようになってから導入をしたのですが・・・なぜはじめからフォトショップにしなかったのか・・・かなり後悔をしました。

Gimpでは30分くらいかけてキレイに切り抜いていて人物素材がフォトショップだと長くても15分以内に切り抜く事が出来ます。まあ、慣れてくると切り抜きなんて5分程度で完了するようになります。でもGimpでは・・・なかなか難しいです。

フォトショップだけであれば、月額1000円程度で使えますから、絶対に持って使い方に慣れておいた方が良いマーケッターに絶対に必須の画像編集ソフトであるでしょう。

他の動画編集ソフトはもういりません!!

ただ、Windowsに標準的に搭載されている画像編集でも間に合わない事はありませんが、結局のところ使用をしておいた方が良です。

また、アドビ製品は現在は買い切りのものではなく、いつでも最新版をインストール出来るダウンロード型の月額課金制になっており、単体で月額課金をするとフォトショップ以外のソフトは月額3000円程度となっていますが、コンプリートプランであれば月額5000円程度で動画編集、イラストレーター、アフターエフェクト、ドリームウィーバー、などクリエイターが使用をするほぼ全てのソフトを利用をする事が出来ます。

また、自身のパソコンに2台までインストールをする事が出来ますから、個人的には殆ど全てのアドビのソフトをお得に利用をする事が出来るコンプリートプランを使っています。

レンタルサーバー、独自ドメイン編

レンタルサーバーははじめのうちは使うのがもったいないと思ってしまう部分です。でも、結局のところレンタルサーバーを借りて、独自ドメインで運営をした方が良いです。

独自ドメインも、ひとつだけではなくマーケッター、アフィリエイターとしてやっていくのであればドメインエイジの事もありますから、資金的にも必ずたくさんとっておく方が良いです。

そして、ある程度は全て運営をし続けるという事が重要でしょう。

レンタルサーバーと一緒に独自ドメインは申込みをする事が出来るのですが、独自ドメインの取得になると、やはり別個別のサービスで独自ドメインを取得をして使うという事が一般的です。そちらの方が利便性も高いという事もありますし、独自ドメインの追加が楽であるという事も理由となっています。

独自ドメインであれば「お名前.com」


独自ドメインの取得であれば、特段どこかと比較検討をする事もなく、「お名前.com」で取得をする人が多いでしょう。企業から、個人のマーケッター、趣味でホームページ、サイト運営をする方、SEO業者など幅広く利用をされています。

レンタルサーバー

レンタルサーバーは様々な会社がありますので、どのレンタルサーバーにしようか迷う事があると思います。レンタルサーバーの運営の安定性、データーバックアップ体制、などサービスの点で、また機能の点など考慮する点はあるのですが、通常の運営であれば、特段どのレンタルサーバーでも問題ありません。

コストとの兼ね合いで考えると良いかと思います。また、高機能なレンタルサーバーでなくても、そのサーバーが落ちるくらいのトラフィックを集める事は案外と難しいですが、もしものためにゆとりのあるサーバーを選ぶともしバズった際の対策として有効です。

低価格でも使いやすい「ドメインキング」



以前は案外と評判が良くなかったドメインキングですが、僕は既にドメインキングを2011年から使っていますが、特段問題があったという事がありません。

たくさんのサイトを管理・閲覧しやすく、複数のワードプレスサイトを持っていても、最近のドメインキングのダッシュボートはかなり使いやすいです。

ですから、マーケッター、アフィリエイターとしてたくさんのサイトを抱えていく人にとって良いかと思います。

ただ、個人的には「お名前.com」で購入をした独自ドメインの紐づけがちょっと分りづらいです。しかし、com、net、biz、infoなどの独自ドメインで運営をするサイトは、サーバーと一緒に契約をする事が出来ますから、その点のわずらわしさはありません。

高機能・大容量で人気のエックスサーバー



高機能で大容量という事で、以前から人気のあるレンタルサーバーがエックスサーバーです。

たくさんのサイトの運営、大容量の運営をするのであれば、エックスサーバーは良い選択であるかと思います。

 

低価格で高機能SSDサーバー独自ドメインも入れやすいアダルトサイトも可能mixhost

mixhost

現在最も注目されコスパにも優れ、柔軟なプラン対応をしてくれるのがmixhostです。

無料SSLも搭載されていますから、最近のSSL対応サイトを上位に表示をするというグーグルの指針にもあっていますし、SSDの高機能、高速サーバーが月額480円で使用をする事が出来るのはかなり嬉しいです。

また、この低価格で高機能なレンタルサーバーなのにアダルトサイトの運営もOKですから、かなり貴重なレンタルサーバーという事が言えます。アダルトサイトですとかなり限られた業者しかありませんが、そのどの運営企業のレンタルサーバーよりも低価格で運営をする事が出来ます。

また、ナイトワークのキャバクラ、風俗店などのサイト運営にも最適だと言えるでしょう。

30日の間は無料でお試しをする事が出来ますから、30日間の無料期間で試してみるという事も良いでしょう。