マーケッターって何をする事が仕事なの?って疑問に思っている方もいるのではないでしょう?

マーケッターというのは、まあ造語に近いかと思います。基本的には企業のマーケティング部門で実際の広告運用、集客、顧客とのコミュニケーション方法などの改善という事を主に仕事にしています。

また流通管理の事を株式会社○○マーケティングとかってやっている事があります。

マーケッターというのは現代の一般的な認識だと、主に広告運用、WEB運用、PPC運用と主に集客をしている人の事をマーケッターと言います。

また、主客手法を体系化して運用をする事が出来る個人が企業のマーケティング部門を指揮監督をする事によってキャンペーンを組み立てるという事も盛んに行われています。

マーケッターになるには何か資格が必要?

マーケッターはギャンブラーと同様に、「僕の仕事はマーケッターです」と言った日からマーケッターと名乗る事が出来ます。ただ、マーケッターというのは売り上げの数字が全てになりますから、実績を残して生き残っていくという事はかなり難しい世界であるとも言えます。

また今日的にはアフィリエイターもマーケッターです。

やっている事自体はマーケッターとアフィリエイターはほぼ変わりありません。

スーパーアフィリエイターと言われいような売り上げを継続的に上げているアフィリエイターは、売り上げを上げるマーケティング業務全般をこなすだけの体系的な能力、運用方法の確立、広告の打ち方を知っていますから、最近ではアフィリエイトマーケティングが企業の売り上げを確実に上げる手法として益々注目をされています。

マーケッターになる最も早い方法は?

現代的なマーケッターは物凄く売上を上げているというような人であれば、もちろん企業から仕事を一定料金を請け負い、さらに売り上げのパーセンテージをもらうという契約をしている事でしょう。

けれども、殆どのマーケッターはそんな事は出来ません。

大抵は売り上げは出来高になりますから、決まったお金をもらって契約をしているマーケッターというのは少ないという事が言えます。

また、出来高制で人と関わりたくないという人も多いので、充分な能力があっても表にわざわざ出ていって人と関わるやり方をせず、アフィリエイターとして活躍をする人も多いです。

企業と契約をしてマーケティング業務の仕事を獲得する事は非常に困難ですが、アフィリエイターとして企業の商品、サービスを宣伝をしている人で実績が目立ってくればすぐにその企業のアフィリエイト担当部門は分りますから、その企業の中では名前が知れ渡る事になります。

現代的にはアフィリエイターがいないと立ち行かないとか、また早期のビジネスのスタートアップにアフィリエイターの力がないと既に大手企業でも立ち上げられないという事も珍しくありません。ですから、マーケッターになりたいのであれば、アフィリエイトで実績を上げる事が出来るのであれば十分にマーケッターとして名乗っても良いという事が言えます。

 

管理人の僕は、自分で株式会社を立ち上げて7年程度経過をしているので、スタートアップでどうしてもマーケティングをしなければならなくて、いつの間にかそれが専門になってしまった部類です。現在は企業のマーケティング、広告運用、アフィリエイトと展開をしています。

でも、大きく他の企業のマーケティングの運用の契約をしていません。なぜなら、納期と時間に追われたくないからです。

アフィリエイトが最も効率的で、素晴らしいビジネスモデルであると確信をしていますから、個人的には仕事の幅はアフィリエイトで広げていくだけで十分であると確信をしています。