Googleの健康、医療系キーワードの大変動が起きましたので、それでかなり大打撃を受けたアフィリエイター、ECサイト、また実際に大打撃を受けたのは、本来の医療機関として登録をしている病院、歯科医院なども、案外と大きく影響を受けたところも多くあるでしょう。

 

が!!

 

正直なところそんな事はどうでも良いわけです。

環境が変わってしまったのであれば、マーケッターはそれに応じて、何をしたら最も適切に必要な人に必要な情報を効率よく届ける事が出来るのかという事を模索をしていかなければなりません。

また、今回のアップデートで大きな影響を受けたからと言って、一生懸命に構築をしてきたサイト自体の価値がなくなったというわけでもなく、いつの時代も時代は繰り返しています。

以前は重複コンテンツとしてスパム扱いにされた事が今は問題ない!

※ただ単純に重複コンテンツもOKと言っているわけではありませんので絶対に勘違いをしないで下さい

今回のアップデートは、逆に言えば、過去にはグーグルから検索エンジンスパムであるというようなことを言われたダメであった施策が軒並み復活を遂げたという部分は注目をするべきところです。

例えばエリアビジネスを広範囲に行っている、美容整形外科などの地域ページの医院情報などは、実際に同様の医療グループが行っているものですから、以前は内容は同じで地域名が変わっているだけでだと、かなり高い確率で重複コンテンツという汚名を着せられるという事が多くありました。

でも、同様のサービスを複数エリアで行っている際に、同じ内容で地域名が変わっているだけのコンテンツが出来る事など、当たり前の事ではないかというのはマーケッター側、特にエリアビジネスのインターネットマーケッターが強く思っている部分でありました。

しかしながら、今回の医療系キーワードなどのアップデートで明らかに確認をしたのは、その点で、以前には重複コンテンツとしてスパム扱いになってしまっていた部分が、今回は軒並み復活をしているという事を大手美容整形外科のグーグル検索の表示状況によって確認をしました。

なので、地域ビジネスを広範囲に展開をしている事業者にとっては、良い側面も見られるわけです。また、今までは、重複コンテンツとしてみなされる事自体がおかしいと思われる部分が改善は確かにされているという点があり、これは良かった事であると思われます。

地域名を含めた医療系キーワードなら、医療機関でなくても上位表示が今までのように可能

地域名を含めた医療系キーワードなら医療機関でない、アフィリエイター、マーケッター、またはSEOコンサル会社が作ったサイトでも特段問題なく上位表示が可能です。

よもや、地域名を含めた医療系キーワードでは、医療機関よりも個人マーケッター、アフィリエイターなどのサイトも数多く残っています。

「世田谷区 医療脱毛 安い」

「シミ レーザー 安い 東京」

「医療レーザー脱毛 名古屋」

etc

なので、ある意味、医療系キーワードに感想などを含めた医療機関を実際に使った人々のサイトが多く上位表示をしているという点から言えば、検索エンジンを使う人がいる場所で最も良いところ表示をするという点で考えるとグーグルは改悪ではなかったのかもしれないという評価をする事も出来るかもしれません。

医療系キーワードはあまり悲観をする必要はない!

今まではガッツリ医療系キーワードで上位表示をするというのはアフィリエイター、マーケッターにとっては比較的に楽な分野でした。

なぜなら医療機関自体がショボイからです。

しかし、そのショボイ医療機関のドメイン、情報を優先をするという事が起こり、現在はど真ん中の医療系キーワードは医療機関が強い状態ですが、結局のところマーケッター、アフィリエイターが作る優良コンテンツと比較をすれば無残なものです。

何も分からないという状態になります。

その情報だけでは何も補完をする事が出来ないために、結局のところ閲覧者は、異なるニッチキーワードを検索をする事になりますから、今回のアップデートで健康系、医療系キーワードがガッツリダメになったという方は、足りていない情報があまりに多いという事であるという事ですから、その部分を補完をするようにサイトのボリュームを持たせるという事が重要です。

また、人さえ見ればコンバージョンをするという事も分かっているわけですから、結局のところは効率的なコンテンツ自体は出来ている状態であり、あとはアクセスをどのように流すかという事の施策をまた始めるというだけの事になります。

従って今までは良かったけれども、検索エンジンの変動によっての売り上げ減というのは、コンテンツの質の問題ではなく、そもそもトラフィックがない、見てくれる人が少ないという事から起こる事ですから、そのコンテンツのレベル自体に問題があるという事ではなく、アフィリエイトマーケティングのコンテンツとしては優秀であり、必要な人に今までのように表示をする事が出来れば問題なくコンバージョンをする優良なコンテンツであり広告ですから、今はトラフィックを補う施策をするときであると認識を改めましょう。

また、検索が変動をしたときほど、実際には新規サイトを立ち上げる絶好の状態です。

 

実際落ちてしまったサイトを戻すという事を考えるよりも、新規のドメインを取得をして、以前に絶好調であったサイトの大幅なリライト、デザイン変更をしたサイトの構築をすると、そちらはすぐに上位表示をしてしまうという事も特段珍しくありません。

なので、新しいサイトを作る、足りない情報を補うという事を考えて製作をしていくという事が現段階で行う事によって、さらに今後の変動に強いものを作る事が出来るようになるでしょう。

通常の書店では売っていない!こんなビジネス情報が欲しかった!

最近、僕はダイレクト出版の書籍を読んでいます。ダイレクト出版を知ったのは、まだダイレクト出版の社長が起業をしたばかりで情報商材の縦長ランディングページが珍しい10年くらい前の事でした。

で、そのときからダイレクト出版は知っていて、メールマガジンを取っていたのですが、そのダイレクト出版の書籍をまた購入をしはじめました。

なぜか・・・

僕も実際には起業をしていますし、マーケティング書籍、セールスの書籍に関して、洋書を翻訳をして本当の情報を公開をしてくれているのがダイレクト出版だと思っているからです。

最近の日本の大手の出版社が出すビジネス書籍の下らなさと言ったらたまったものではありません。

私はこれで成功をしたという事を言っているだけの話で実態のないような著者が多く、実践をした内容が全く書いていないというなんとも自己満足的なものばかりで役に立たない。

最近の流行でもあるのでしょうが、行間を取りすぎで、なんとも・・・

情報を得るために書籍を購入をするのだから、こんな行間を開けたら逆に情報量が少なくなってだめでしょうって思うのですが、「読んでもらえなくては意味がない」という変な間違った著者、出版社の価値感によって減らしているようなのですが、購入をした本人が読まなくたって販売はそれで終わっているのだから良いのですよ。

情報量が多いことで文句を言うなんて人は、勉強をしようとしている人でそこまでいないという事をなぜプロの出版社が気がつかないのかという事は不思議でなりません。

しかしながら、ダイレクト出版は本当に良いビジネス書籍を出し続けてくれています。

また、自分が実際に起業をしていなかったら、こんな事は実感として分からないという事もあり、昔は知識として知っていた情報であっても再びダイレクト出版の書籍から今触れることによって、より理解が出来るという事があります。

「まさか!!こんな事だったのか・・・」と驚くことも多いわけです。

やはり、30代を越えてようやく心の底から理解をする事が出来るという事もあるのだろうな・・・って思うわけです。つまり、ようやく普通のビジネス書籍を読んで、それが心の底から理解をする事が出来て、ノウハウとしても素直に利用をする事が出来るようになったばかりでマーケッターとしても起業かとしてもようやく1年生なのかもしれないと実感をしています。

ダイレクト出版から僕が購入をした書籍

現代広告の心理技術101

マーケッター

購入日より90日間完全返金保証でリスクなしで購入出来る「現代広告の心理技術101」を購入→こちら

市場独占マーケティング

市場独占マーケティング

購入日より90日間完全返金保証でリスクなしで購入出来る「市場独占マーケティング」を購入→こちら

大富豪の起業術

大富豪の起業術

購入日より90日間完全返金保証でリスクなしで購入出来る「大富豪の起業術」を購入→こちら

超ぶっとび広告集

ちょうぶっとび広告集

購入日より90日間完全返金保証でリスクなしで購入出来る「超ぶっとび広告集」を購入→こちら

天才詐欺師のマーケティング心理術

天才詐欺師マーケティング

購入日より90日間完全返金保証でリスクなしで購入出来る「天才詐欺師のマーケティング心理術」を購入→こちら

ダン・S・ケネディーの 世界一ずる賢いフェイスブック集客術

フェイスブック

購入日より90日間完全返金保証でリスクなしで購入出来る「ダン・S・ケネディーの 世界一ずる賢いフェイスブック集客術」を購入→こちら

大富豪の投資術

大富豪の投資術

購入日より90日間完全返金保証でリスクなしで購入出来る「大富豪の投資術」を購入→こちら