貧困から抜け出す手段というものをマーケッターとして考えていました。

インフラとして、最近は皆がスマホを持っているという場合が多いです。貧困と言われる世帯でもインターネット接続環境があり、スペック的に問題のないパソコンを持っているという場合も少なくありません。

そこで、自分がやった分だけの成果報酬を受けるというビジネスモデルであり、また極めて独立起業をするのと代わらない立ち位置であり規模も大きくしていけるのがネットマーケティングンであるでしょう。

独立起業をして借金をするという事をやるくらいであれば、年間3万円程度はインターネットのサーバー代、ドメイン代というものに使うという事を前提さえして頂ければ充分にやっていけるのがインターネットを使ったマーケティングです。

それをいとも容易くはじめられるようにしてくれているのがアフィリエイトというサービスです。

アフィリエイトは稼げない言っている人も多くいますが、あなたが独立起業をしたところで稼げません。アフィリエイトでは、普通では取扱えないような一流企業の商品・サービスさえも取扱いをする事が出来るという点で自分で独立起業をするよりも圧倒的なアドバンテージがあります。

また、今の現時点でもアフィリエイトという市場の規模は年々を大きくなっているのに関わらず、アフィリエイトに参加をしてくれる人間の数の現状というものもあり、実際にはアフィリエイト市場というのはチャンスがゴロゴロしているというのが現状です。

正直サーバー、独自ドメインを取得をしなくても無料ブログでも充分に稼げる可能性があるというのもアフィリエイトの魅力でもありますし、例え失敗をしてもリスクは殆どありません。というか、成功をするまで続けるしか、選択枠はないです。そもそもあなたにお金があって独立起業をするにしてもアフィリエイトで行う集客という事はやり続けるわけです。

だから、実際には、集客とかお客様を集めるという行為からは絶対的に逃げる事は出来ません。

 

いつ稼げるかは分からないけれども、経費が圧倒的に少なく継続をし続ける事が出来るからやめなければ成功する確率も高い

絶対に稼げるなんて事は分かりませんが、しかしながら、あなたが自分でお店を出すにしても、結局のところはお客様がこないという状態を1年、2年は体験をする事になります。

毎月の店舗の家賃、電気代、自分の生活費などはどんどん無くなっていく事になります。でも、継続ありきなのが稼ぐという事であるのです。

インターネットでアフィリエイトのサービスを使ったネットショップ系の商売をする際には例えば2年やっていてもそこまで大きなお金が出ていくわけではありません。平均的には独立起業をしたそのビジネスの大半は3年持ちません。けれども、インターネットのアフィリエイトの場合、本当に2年間サイトを作り続けて全く売上げが出ないという状況する方が正直困難です。

圧倒的に長く続ける事が出来るという事が最大のアドバンテージになるのです。それが信用とか信頼を作るわけです。だから、長く続けられる、というようなモデルはインターネットを使ったアフィリエイトが最も資金効率が良いものであるでしょう。

だからアフィリエイトをはじめてるというのが個人的に言えば貧困から抜け出すために最大にして最高の方法であるとほぼ確信をしています。

しかもインターネットのサイトというのはアクセスが常時くるようになってきます。それは、今日やって、今日なにかが変わるわけではありませんが、少なくとも3ヶ月継続をして更新をして作りこんでいくサイトでアクセスが全くこないという状況にする方が難しいです。

それは軌道にのってアフィリの商品が売れ出せば、労働時間を提供をした収益ではありませんから、他のサイトを作って収入を増やすというのも良いですし、今の仕事は続けながら他のサイトを増やしていき、月収が増えたという際に現在の仕事を辞めて、アフィリ1本に絞っても良いわけです。

やるか、やらないかはあなたが決断をする事ですが、アフィリエイトを使ったものが、最も貧困から抜け出すのに最適で資金も殆ど必要がなく、続けていく事が出来るビジネスモデルであり成功の確率が高いモデルであると確信をします。